新築でも行う必要性はある?ホームインスペクションの疑問点などについて解説

このサイトではホームインスペクションの疑問点などを誰でも分かりやすく解説していきますし、新築でもそのようなサービスを利用する必要性があるのかも丁寧に説明します。
実際にサービスを利用すると施工会社からの印象が悪くなってしまうのか気になるかもしれませんが、その部分についても説明をするので安心してサービスを利用できるようになるはずです。
どんな会社に相談することで、サービスを利用できるのかも紹介していきます。

新築でも行う必要性はある?ホームインスペクションの疑問点などについて解説

ホームインスペクションは建物の状態などを専門家にチェックしてもらうことができるサービスになりますが、新築でもサービスを利用する必要性があるのか気になるかもしれません。
一般的には新築でもホームインスペクションのサービスを利用することが多いので、安全に暮らすことができる住宅を確実に手に入れたいと考えている場合は積極的に利用するのが大切になります。
ホームインスペクションは高額な費用が発生するようなこともないので、誰でも気軽に活用できるサービスです。

新築でもホームインスペクションを行う方が良い理由

ホームインスペクションとは、いわゆる「住宅診断」のことです。
住宅診断士が第三者の立場から、家の劣化状況・不具合の有無・改修が必要な場所などを診断します。
通常、新築の家ならホームインスペクションは必要ないと考えられがちです。
ところが、新しい家であってもホームインスペクションを受けるべき理由があります。
不動産会社の判断は簡易的で検査内容が十分ではないものが多いのです。
新しく家を建てた場合、メーカーと10年保証を契約している方もいます。
この保証は、あくまで建築物の基礎部分のみを保証する、という内容がほとんどです。
基礎工事部分と柱・壁だけでは十分に家のリスクに備えることが出来ているとは言えません。
ホームインスペクションが第三者の視点から状況を判断するのは、こうした危険を察知するためという理由があります。
たとえ家がまだ新しい状態であっても、価値を正しく把握するために住宅診断士の目で確かめることは、非常に大切です。

新築でのホームインスペクションではどんな所を調査する?

ホームインスペクションは中古住宅の購入の際に利用されることが多いものですが、新築であってもホームインスペクションを実施したほうがよい場合もあります。
かつての時代と異なり、住宅品質確保促進法が制定されている現在の新築住宅であれば、10年間の保証や瑕疵保険の加入などによって、実際には必要のない場合もありますが、特に建売住宅のように施工期間中の経緯がわからないような物件であれば、新築住宅であってもホームインスペクションの必要性はあるものと考えたほうがよいでしょう。
その場合の調査項目ですが、基本的には施工不良の箇所などがないかどうかを建物の外観・内観ともにチェックしていくことになります。
これにはたとえば床や壁の傾きがないかどうか、金具などの施工もれがないかどうか、外壁や基礎にひび割れがないかどうか、雨漏りや水の浸入がないかどうかが該当します。
いずれにしても新築住宅のような高額な取引をするのであれば、入念な調査で安心を確保しておきたいものです。

新築をホームインスペクションした時の報告書は何が書かれている?

新築のホームインスペクションした場合、報告書には調査箇所の写真や状態、初見の他に指摘事項の有無が記載されています。
ホームインスペクションは、写真を撮影しながら行うので、調査を行った部分の写真や調査を行っている様子がわかる写真などを報告書に載せます。
指摘事項としては、ひび割れや地面の陥没などが挙げられます。
例として基礎に指摘事項となるようなクラックが見られた場合は、クラックが見つかった場所やクラックの大きさなどを記載します。
調査箇所の状態は、しっかりと確認できる状態になっていたかどうかを記載します。
それに加えてそれぞれの箇所でひび割れや欠損、錆や腐食がないかなどを確認することもあります。
ホームインスペクションの書類を見ると、現在の物件の安全性や修繕をするための資金計画の組み方などを知ることが可能です。
新築でもホームインスペクションをしっかり行うことで、自分が生活していく家が安全なものかどうかがはっきりと分かります。

大手の工務店の新築ならホームインスペクションはいらない?

大手の工務店の新築であればホームインスペクションは不要かというと、少し考えれば分かることですがそんなことはありません、ホームインスペクションとは、簡単に言えば問題のない家かどうかのチェックを行ってもらうことです。
いくら有名な会社だからといって、それだけで何千万円もする一生のうちでも最大級の買い物について全て信用しきってしまうのはどうでしょう。
言ってしまえばどんな工務店であっても所詮は他人であり、そこまで信用などできないはずです。
もちろんホームインスペクション自体にそれなりの手間ひまがかかることも事実ですし、チェックをしたからと言ってでは本当に問題ないと言えるのか、問題があった場合に確実に発見することが期待できるのかという点は残りますので、最終的にはオーナー自身の判断にはなってきますが、多少のことで大きく心配事が削減される可能性が大きいですので、迷ったのであればなおのこと、実施しておくことを勧めます。

ホームインスペクションに関する情報サイト
ホームインスペクションの疑問を解説

このサイトではホームインスペクションの疑問点などを誰でも分かりやすく解説していきますし、新築でもそのようなサービスを利用する必要性があるのかも丁寧に説明します。実際にサービスを利用すると施工会社からの印象が悪くなってしまうのか気になるかもしれませんが、その部分についても説明をするので安心してサービスを利用できるようになるはずです。どんな会社に相談することで、サービスを利用できるのかも紹介していきます。

Search