新築でも行う必要性はある?ホームインスペクションの疑問点などについて解説

新築なのにホームインスペクションをすると施工会社の印象が悪くなるのは本当?

ハウスメーカーによってはホームインスペクションに対して、あからさまに嫌悪感を示されることも有り得ることです。
自らが建築した住宅のあら探しでもされるかのような、不愉快になられるのも理解できない訳でもありません。
しかし、一流のメーカーであっても建築工事のほとんどは、機械やロボットではなく作業する人間が行うことです。
人為的なミスであったとしても、それが意図的なのか偶然なのかで多くの方がイメージは大きく変わってきます。
施主側から第三者機関による検査の立ち合いを提案された時に、避けて通るような行為こそそのメーカーの印象を悪くしてしまいかねません。
仮に瑕疵があったとしても手直しや補修を積極的に行うことが、多くの方から高い評価を受けることになるのです。
ホームインスペクションとは施主を守る為の行為のようでもありますが、メーカー側から見ても手直し等が必要な場所を事前に指摘してもらえる良い機会ともなり得ます。
自信を持って施工管理を行っているならば、堂々と対応すべき事であると言えます。

ホームインスペクションが拒否されるケース

物件の購入を検討する際には、ホームインスペクションを行って建物の状態をチェックしたいものです。
しかし、売り主側がホームインスペクションを拒否してしまうケースもあります。
なぜ拒否されるのか、その理由の一つとしてすでに第三者検査を実施している、ということが考えられるでしょう。
第三者によるホームインスペクションを済ませているため、あらためて診断をする必要はない、と売り主が主張するケースです。
診断によってマイナス要素が生じれば、購入を取りやめてしまうかもしれない、といった理由によって断る場合もあるようです。
また、検査をすることに対して単純に不快感を覚える売り主もいるといいます。
品質を疑われている、失礼だという古い考え方をする人もいるようです。
ホームインスペクションを断られてしまった際には、まず交渉をする必要があるでしょう。
診断の必要性を伝え、どうしても無理なら購入を取りやめる、といった姿勢を見せることも大切です。

に関する情報サイト
ホームインスペクションの疑問を解説

このサイトではホームインスペクションの疑問点などを誰でも分かりやすく解説していきますし、新築でもそのようなサービスを利用する必要性があるのかも丁寧に説明します。実際にサービスを利用すると施工会社からの印象が悪くなってしまうのか気になるかもしれませんが、その部分についても説明をするので安心してサービスを利用できるようになるはずです。どんな会社に相談することで、サービスを利用できるのかも紹介していきます。

Search