新築でも行う必要性はある?ホームインスペクションの疑問点などについて解説

新築のホームインスペクションを行えるのはどんな会社?

ホームインスペクションは住宅の老朽度合いなどを客観的に調査するものとなっており、一般的には中古住宅を売買する場合に、その金額の正当性を確認したり、もしくは価値を調べる上で有効な手段となっています。
しかし最近では、新築住宅を購入する場合にもこのホームインスペクションを行うことが多くなっており、正当な取引を行う上で双方が納得する非常に効果的な方法と言われることも少なくありません。
新築住宅のホームインスペクションを行うことができる会社は、ハウスメーカーや工務店とは直接的な関連性のない外部のものであることが条件となっています。
これはハウスメーカーや工務店等が自ら行う場合には、その価値を正当化したいと様々な工作を行ってしまう恐れがあるためです。
購入者にとっても客観的な調査でないと納得をすることができないと言う側面もあり、説得力のないものとなってしまうことも少なくありません。
そのため外部の調査団体などが行うことが多いのが特徴で、客観的で信憑性のある評価となっています。

ホームインスペクション業者の選び方のポイント

ホームインスペクションは住宅の新築やリフォーム、メンテナンスなどを行う際にも利用されています。
専門家の視線で客観的に住宅をチェックしてもらうことで、自宅を構築する要素について改めて把握することができます。
ではホームインスペクション業者はどのようなポイントをチェックして選べばいいのでしょうか。
選び方のポイントとしては、一級建築士の存在、実績、さらに価格やサービスです。
ホームインスペクションを行う際に必要な資格の代表に一級建築士があります。
一級建築士がいない場合も二級建築士などの建築関係の資格を持っていることが、良いホームインスペクション業者を選ぶ条件になるでしょう。
また、実績も重要となっており、長年にわたって地域で活動を続けている業者は内容をチェックできます。
ホームページなどで案件を公開していればどのような家を手掛けているのかも見ることが可能です。
さらに価格が見合っているか、対応を含めたサービスが良いかなども意識して選ぶことをおすすめします。

に関する情報サイト
ホームインスペクションの疑問を解説

このサイトではホームインスペクションの疑問点などを誰でも分かりやすく解説していきますし、新築でもそのようなサービスを利用する必要性があるのかも丁寧に説明します。実際にサービスを利用すると施工会社からの印象が悪くなってしまうのか気になるかもしれませんが、その部分についても説明をするので安心してサービスを利用できるようになるはずです。どんな会社に相談することで、サービスを利用できるのかも紹介していきます。

Search